筋肉を鍛えるというと誰もが体の筋肉のことと思うでしょうね。

顔の筋肉を意識したことがありますか。言われてみると、顔にも筋肉がありますよね。歳をとると、徐々に筋肉が衰え、減少していき、そうして顔の表情が変わってくるのです。いつまでもきりっとして、若々しい顔、表情でいたいのならば、顔の筋肉を維持、または鍛えることを実践しましょう。これは男性より女性の方がお得意な分野でしょう。

 

リフトアップと言う言葉は男性は初めて聞くのではないでしょうか。これは顔の筋肉が下がらないように、引っ張るような力を顔の筋肉につけることです。たとえば、こめかみのマッサージです。こめかみを刺激することで顔の筋肉を鍛えることができるのです。

 

あごの筋肉も鍛えることができます。ボクサーなども顎は相当鍛えています。顎の筋肉が弱いと、撃たれ弱いものです。ですからボクサーは顎下に重りをぶら下げて引っ張るトレーニングまでして、顎を強くしています。そんなボクサーですから顔は精悍そのものですね。

 

そして表情の筋肉とひたいの筋肉も鍛えます。ここまでできれば、今までの表情との違いが少しは出てくるでしょう。年配の方なら、リフトアップもでき、表情が締まってくることでしょうね。このようなトレーニングと同時に栄養も摂りましょう。

 

おススメはコラーゲンです。女性に人気が高い、皮膚に良い影響を与える成分です。これを摂ることで同時に筋肉にもハリが出てくるでしょう。顔の筋肉を鍛える方法にはその他いくつかあります。「ナイロン手袋マッサージ」や「うがい発生法」です。

 

前者はナイロン製の手袋をはめた手で自分の顔の筋肉をほぐしていく方法です。表情筋が徐々に鍛えられていきます。後者は、喉から筋肉を鍛えていく方法です。これらは手軽に家でできるものです。顔の筋肉は量が少ないので、はっきりと効果が解らない部分でもあります。しかし、日々継続することで効果が出てくるのです。長い目でトレーニングをしていきましょう。